JALマイレージを使って海外旅行‼フロリダ行きチケット予約しました

2020年2月、当時年中だった息子とJALマイレージ特典チケットを利用し、フロリダの友人に会いに行く予定でした。出発まであと2週間…という時に横浜港のクルーズ船でのコロナ集団感染がおきました。
その時はアメリカに出発するべきか否か本当に迷いましたが、私が住んでいる場所は横浜…。この集団感染はアメリカでも報道されており、私達がアメリカに渡ることで友人に迷惑をかけてはいけないと結局アメリカ行きを断念しました。でも理由がコロナと言うことでマイレージは3年間の有効期限付きで戻って来ました(やったー‼)

そして期限の2023年10月まであと1年半、再度アメリカ行きを計画することにしました。マイレージでチケットをどのように取得したか、2022年6月現在どのくらいの費用がかかるか…などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

フロリダ行きチケットの予約

フロリダ行きの特典チケットの予約は360日前から可能なはずですが、今回アメリカン航空の検索がなかなか出来ずかなり焦り、途中ですがダラス行きのJAL便をとりあえず予約しました。

JAL便ダラス行き

出発日を2023年2月に考えていたので予約したのは2月後半です。その時のマイル数及び支払額は…

息子と2人で100,000マイル+91,450円(高い‼)
しかもダラスからフロリダまでのチケットも購入しないといけない。
あまりの金額の高さにビックリしまいたが、この頃はコロナ禍だからしょうがないか…と思っていました。とりあえず今後の運行状況がわからなかったので、安心するためにダラス行きを予約しました。

アメリカン航空ジャクソンビル行き

フロリダと言ってもディズニーワールドがあるオーランド国際空港ではなく、友人宅が近いジャクソンビル国際空港行きの予約になるのですが、アメリカン航空はそこまで飛んでくれるので助かります。JAL便を予約した時はまだアメリカン航空2月分の検索できない状態だったので、実際にアメリカン航空のホームページでチケットが買える日程を確認してみたらまだ売られていませんでした。

それからしばらくしてから検索してみると予約できるようになっておりしかも金額がめちゃめちゃ安い。1フライトで交換できる特典チケットは7席しかないので、コロナ禍前は本当に希望日に予約するのが難しかったのですが、今回はなかなか席数が減りません。やはりまだ海外に行こうと思う方は少ないようで、さらに円安が効いているのかもしれません。

普通なら春休みなんて絶対予約できないので前回はしょうがなく閑散期の2月に予約したのですが、あれっ?もしかしたら春休みでも取れるかも…という期待を持ち、春休み時期の予約にチャレンジしてみました。

そうしたらなんと、予約が取れてしまいました‼

特典チケットは子供も大人と同じマイル数が必要なのですが、2人合計で140,000マイル+13,680円‼(安い‼)
燃料費が軒並み値上げしているのにこの値段?もしかしたら今後値上げの請求がくるかもしれませんね。

小2息子が学校休むの良くないと思いながら、海外に行くこともいい経験。こうでもしないとなかなか行けないので…と思っていたけど、春休みに取れて本当に良かった~(笑)
JAL便のチケットは1人3,100円のキャンセル料がかかってしまいましたがもちろんキャンセルしました。

ロサンゼルス行きJAL便とアメリカン航空を比較

JALのマイレージで交換出来る特典チケットはJAL便もしくは提携航空会社のチケットになりますが、さきほどの私の予約ではあまりにもアメリカン航空の燃料費等が安かったので、試しに両方の飛行機が飛んでいるロサンゼルスで検索し、どのくらい違うのか比較してみました。出発日や帰国日は適当に閑散期を選びました。

検索日:2022年6月8日
出発日:2023年2月6日  帰国日:2023年2月22日
出発地:羽田 到着地:ロサンゼルス

JAL


行き25,000マイル 税金・燃油特別付加運賃など46,050

帰り25,000マイル 税金・燃油特別付加運賃など40,570

合計マイル数50,000マイル 必要費用86,620円

※ちなみに帰り成田行きの便はなぜか45,000マイルになってる‼ということは合計70000マイル必要…恐ろしや~

 

アメリカン航空

アメリカン航空は時期関係なく固定マイル数です。先ほどのジャクソン空港行きは1人往復70,000マイルでしたが、ロサンゼルスは50,000マイルでした。

往復マイル数50,000マイル 税金・燃油特別付加運賃など6,980円!!!

マイル数は同じなのに金額が違いすぎてびっくり‼これなら絶対アメリカン航空にしますよね。(笑)

JALの25,000マイルは最低マイル数で、例えば2022年12月29日出発は片道25,000マイルですが、12月30日出発では片道56,500マイル必要になってました。(2022年6月現在)
ちなみにこの税金・燃油特別付加運賃はずっと同じではありません。(毎日検索していないので何日?何カ月?ごとに変更するかはわかりませんが、前回見た時と少し金額が変わっていました。)

まとめ

もしJAL便があった場合でも両方のチケットを検索することをおすすめします。JAL便は数年前までは時期関係なく行く地域によって必要マイレージ数は固定でしたが、現在は時期によって必要マイレージ数が異なります。繁忙期はびっくりする位上がります。
しかしアメリカン航空は時期関係なく2022年現在も固定されております。つまり時期によってはJALより提携航空会社の方がマイレージ数が少なく、燃料費等も安いことがあるのです。
しかも今は羽田から飛んでいる便も沢山あり大助かりです。

JALマイレージが貯まっている方、今がチャンスです‼

検索してみたら閑散期ならハワイアン航空でホノルル行きの席もまだありましたよ(笑)

来年ならもしかしたら円高になっているかもしれませんし、今までずっと使ってなくて貯まったマイレージそろそろ有効期限が切れちゃう‼その前にちょっと遠出してみてはいかがですか?

息子とアメリカに行くのは随分先ですが、その時にはコロナの心配もなく行けたらいいな…。

行った時の話はまたご報告したいと思います。